直売所情報のエフペリ > 工場直売とは?

そもそも「工場直売」とは?

食品メーカーなどは、工場で生産した商品を一般的にスーパーやコンビニといった小売店を通じて販売しています。
一方で、小売店を通さず、生産した工場の空いたスペースや近くの自社店舗で販売していたりもします。
そのような「工場が直接消費者に商品を販売すること」を「工場直売」と呼んでいます。

「工場直売」の何がイイの?

1.小売店よりも安く購入できる

「工場直売」の商品には、小売店へ商品を輸送するコストなど(中間マージン)がかかっていません。 そのため、「工場直売」の商品は小売店で販売されている商品と比べて、とても安く買うことができます。
また、品質の面では全く問題ないものの、形が崩れていたり、多く作りすぎたために、小売店で販売することができない商品も「アウトレット」という形で、とても安く販売されることもあります。

2.作りたてや新鮮なものが買えることもある

工場から小売店へ輸送する必要がないため、工場で作られた商品ができたての状態で買えることもあります。(もちろん全ての工場で買えるということではありません)

3.おでかけや旅行先としても魅力が満載

最近では、バスツアーなどの旅行プランの1つとして、工場直売が注目されています。
安く商品が買えることはもちろん、工場までの移動や周辺のスポットを楽しんだり、工場直売でしか買うことができない商品に出会えることも、工場直売の魅力です。

閉じる